プラント工事とは?プラントエンジニアの種類や仕事

プラント工事とは、生産設備を作る工事のことです。工事には、生産設備に必要となる回転機などの機器類や、受配設備などの電気類、配管タンク、デッキ、階段の設置などがすべて含まれます。そのため、設計から製造、稼働後のメンテナンスなどで行う作業は複雑で、各工程で必要となるプラントエンジニアの種類や役割も異なります。機械系プラントエンジニアの業務内容は、プラント全体の設計や構築、メンテナンスです。さらに、プラント内で使用する機械装置の設計や製造にも携わる事もあります。化学系プラントエンジニアは、石油や鉱物といった原料を製品化するまでのプロセスの構築、マネージメントを行います。

電気系プラントエンジニアの仕事は、主に電力供給システムの構築です。また、プラント全体の制御システムに関する業務も受け持ちます。土木系プラントエンジニアは、プラントとそれに付随する道路の設計や施行、管理を行います。工事の納期や安全を考慮しながら、プランニングを行う能力が必要です。

プラントエンジニアとして活躍するには?

プラントエンジニアは、様々な種類があり、それぞれに特化した専門的な知識や技術が必要です。未経験でもプラントエンジニアになることは可能ですが、大学の理工学部や電気系学部を卒業していることを条件とする企業が多くあります。現場での経験や技術を学んで行くことで希望する職種や業務への転職も可能です。また、海外で仕事をする機会もあり、TOEICのスコアや英語力を求められる事もあります。

プラントの求人には、企画や設計、調達などの仕事があります。取り扱う分野によっても仕事内容が違うため、自分に合った分野を選ぶ事が大切です。